シングルマザー女子!美容女子!文学女子!就活女子!転職女子応援サイト!

シングルマザーの方や主婦の方や子育て中のママさんや文学が好きな女性の美容・就活・転職情報や生活のお役立ち情報を特集するサイトです

文学女子(清少納言先生・紫式部先生・伊勢先生・大倉燁子先生)

文学女子ブーム到来中!紫式部先生!源氏物語。桐壺!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!主要登場人物解説

投稿日:2018年7月2日 更新日:

文学女子ブーム到来中!紫式部先生!源氏物語。桐壺!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!主要登場人物解説


 
このブログをご覧頂きありがとうございます!
文学に生きた女流文学者達の作品を描いていきます。
今回は紫式部先生の源氏物語。桐壺です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆文学女子シリーズの前回の作品です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文学女子ブーム到来中!紫式部先生!源氏物語。若紫!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!主要登場人物解説


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

源氏物語(紫式部先生)桐壺☆主要登場人物解説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆源氏物語 第一帖 桐壺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆光源氏(ひかるげんじ)とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇光源氏(ひかるげんじ)とは、この物語(源氏物語)の主人公のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆光源氏(ひかるげんじ)の呼称の変化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇男御子
 ↓
〇御子
 ↓
〇君
 ↓
〇若宮
 ↓
〇宮
 ↓
〇源氏の君
 ↓
〇光る君
 ↓
〇源氏、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆桐壺帝(きりつぼのみかど)とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇桐壺帝(きりつぼのみかど)とは、
 主人公である光源氏(ひかるげんじ)の父親のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆桐壺帝(きりつぼのみかど)の呼称の変化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇主上
 ↓
〇帝
 ↓
〇内裏
 ↓
〇御前

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆桐壺更衣(きりつぼのこうい)とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇桐壺更衣(きりつぼのこうい)とは、
 主人公である光源氏(ひかるげんじ)の主人公の母親のことです。

〇また、桐壺更衣(きりつぼのこうい)は、
 故大納言の娘でもあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆桐壺更衣(きりつぼのこうい)の呼称の変化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇御息所
 ↓
〇女
 ↓
〇桐壺の更衣
 ↓
〇母御息所の御方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆弘徽殿女御(こきでんのにょうご)とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇弘徽殿女御(こきでんのにょうご)とは、
 第一親王の母親のことです。

〇また、弘徽殿女御(こきでんのにょうご)は、
 右大臣の娘でもあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆弘徽殿女御(こきでんのにょうご)の呼称の変化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇右大臣の女御
 ↓
〇一の御子の女御
 ↓
〇弘徽殿
 ↓
〇御方
 ↓
〇女御
 ↓
〇弘徽殿の女御
 ↓
〇春宮の女御

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御祖母北の方(おおんおばきたのかた)とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇御祖母北の方(おおんおばきたのかた)とは、
 桐壺更衣の母親のことです。

〇また、御祖母北の方(おおんおばきたのかた)は、
 光源氏の祖母でもあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆御祖母北の方(おおんおばきたのかた)の呼称の変化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇母北の方
 ↓
〇母君
 ↓
〇御祖母北の方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紫式部先生!源氏物語 第一帖 桐壺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本シリーズは次のように描いていきます。

本文(原文)
口語訳(読み方)

現代語訳(意味)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

網戸の張り替えならイエコマ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紫式部先生!源氏物語 第一帖 桐壺 本文!口語訳!現代語訳!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いづれの御時にか、
いずれ の おおんとき にか、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どの天皇の時代であっただろうか、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女御、
にょうご、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女御(天皇の寝所に侍(じ)した女官)や、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更衣あまたさぶらひたまひける中に、
こうい あまた さぶらい たまいける なかに、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更衣(天皇の衣替えに奉仕する女官)が
大勢お仕えしていた中に、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いとやむごとなききはにはあらぬが、
いと やんごと なき きわにわ あらぬが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなに高貴な身分ではなかったが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すぐれて時めきたまふありけり。
すぐれて ときめき たもう ありけり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝から)とても
御寵愛を受けていた女性(桐壺更衣)がいた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめより「我は。」と
はじめより 「われわ。」 と

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最初から私こそが
(桐壺帝のご寵愛を受けるのに相応しい)と

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

思ひあがりたまへる御方々、
おもいあがり たまえる おおんかたがた、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鼻息も荒かった
女御(にょうご)・更衣(こうい)の方々は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

めざましきものにおとしめそねみたまふ。
めざましき ものに おとしめ そねみ たもう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝から寵愛を受けている桐壺更衣を)
気にくわない奴と
蔑(さげす)んだり妬(ねた)んだりします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同じほど、
おなじほど、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣と)同じ身分の更衣や、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それより下臈の更衣たちは、
それより げろう の こういたちは、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その方(桐壺更衣)よりも
身分が低い更衣達は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ましてやすからず。
まして やすからず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いっそう心が穏やかではない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝夕の宮仕へにつけても、
あさゆう の みやづかえ に つけても、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝晩の宮仕えにしてもそうです、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人の心をのみ動かし、
ひと の こころ のみ うごかし、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その方(桐壺更衣)の行動は
他の人を困惑させ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恨みを負ふつもりにやありけむ、
うらみ お おうつもり に やありけん、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恨みや妬みを
受け続けたせいでしょうか、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いとあつしくなりゆき、
いと あつしく なりゆき、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣は)とても病弱になってゆき、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もの心細げに里がちなるを、
もの こころぼそげ に さとがち なる を、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何処となく
心細そうに実家に帰っていく事が多く、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いよいよあかずあはれなるものに思ほして、
いよいよ あかず あわれなる もの に おもおして、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝はそれをご覧になって)
ますます(桐壺更衣が)
気の毒な女性だとお思いになって、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人のそしりをもえはばからせたまはず、
ひと の そしり おも えはばからせ たまわず、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

周囲の批判も気にすることもなく、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の例にもなりぬべき御もてなしなり。
よ の ためし にも なりぬべき おおん もてなし なり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

後世の語り草にもなってしまいそうな
お取り扱いぶりである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上達部、上人なども、
かんだち、めうえびと など も、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上達部(摂政・関白・太政大臣等)や
殿上人(清涼殿の殿上間に入る事を許された人)等も、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あいなく目をそばめつつ、
あいなく め お そばめつつ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝の様子を)
見ていられないと目を背けており、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「いとまばゆき人の御おぼえなり。
「いと まばゆき ひと の おおん おぼえ なり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「(桐壺帝は)とても眩しい
(見ていられない)位の(桐壺更衣への)御寵愛です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

唐土にも、
もろこし にも、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

唐の国でも、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かかることの起こりにこそ、
かかること の おこり に こそ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このようなこと
(帝が愛しすぎたこと)が原因となって、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世も乱れあしかりけれ」と、
よ も みだれ、 あしかり けれ」 と、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中がも乱れて、
悪くなったのだ」と、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やうやう天の下にもあぢきなう、
ようよう あめ の した にも あじきのう、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次第に世間でも困ったことに、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人のもてなやみぐさになりて、
ひと の もてなやみぐさ に なりて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝が桐壺更衣を愛しすぎることが)
人々の悩みの種となっていって、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

楊貴妃の例も
ようきひ の ためし も

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(唐の皇帝の玄宗(げんそう)の
寵愛を受けて国を傾けた)楊貴妃の例までも

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引き出でつべくなりゆくに、
ひきいでつ べく なりゆく に、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

持ち出されそうになっていくので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いとはしたなきこと多かれど、
いと はしたなき こと おおかれど、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣は)
とても気まずい事が多くなっていくが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにて、
かたじけなき みこころばえ の たぐいなき を たのみにて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣は桐壺帝から受ける)
もったいない位の比類なき愛情を頼みとして、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

交じらひたまふ。
まじらい たもう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宮仕えをしていらっしゃいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

父の大納言は亡くなりて、
ちち の だいなごん わ なくなりて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣の)
父である大納言は既に亡くなっていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

母北の方なむ
はは きたのかた なん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣の)母親である
(大納言の)奥方(御祖母北の方)は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

古の人の由あるにて、
いにしえ の ひと の よし あるにて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

由緒ある家柄の出身であって、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

親うち具し、
おや うちぐし、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

両親が健在で、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さしあたりて世のおぼえ華やかなる御方々にも
さしあたりて よ の おぼえ はなやかなる おおんかたがた にも

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現状では世間の評判が
良い方々に対しても、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いたう劣らず、
いとう おとらず、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなに見劣りする事もなく、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なにごとの儀式をも
なにごと の ぎしき お も

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣の母である御祖母北の方は)
どのような儀式であっても

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もてなし給ひけれど、
もてなし たまい けれど、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(他の方と比べても)
遜色なくお取り計らいなさったのですが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とりたててはかばかしき後ろ見しなければ、
とりたてて はかばかしき うしろみ しなければ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特別に取り上げて(言う程の)
しっかりとした後見人もいないので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事ある時は、
ことある とき わ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何かがあった時には、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なほ拠り所なく心細げなり。
なお よりどころなく こころぼそげ なり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やはり頼れる所もないので
心細い様子です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前の世にも御契りや深かりけむ、
さきのよ にも おおんちぎり や ふかかり けん、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝と桐壺更衣とは)
前世でも御縁が強かったのでしょうか、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世になく清らなる
よ に なく きよら なる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この世にまたとなく
美しい玉のような

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

玉の男皇子さへ生まれたまひぬ。
たま の おのこみこ さえ うまれ たまいぬ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝と桐壺更衣の間には)
男の皇子様がお生まれになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつしかと心もとながらせたまひて、
いつしか と こころもと ながらせ たまいて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝は新皇子様を)
早く(見たい)と心待ちにされていたので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

急ぎ参らせて御覧ずるに、
いそぎ まいらせて ごろうずるに、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(新皇子様を)
急いで参上させてご覧になると、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

珍かなる児の御容貌なり。
めずらか なる ちご の おおんかたち なり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(新皇子様は)めったにない位に
(美しい)ご容姿の赤ちゃんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一の皇子は、
いち の みこは、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝の)第一皇子は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

右大臣の女御の御腹にて、
うだいじん の にょうご の おおんはらにて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

右大臣の娘の女御(弘徽殿女御)が
お生みになられた子なので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寄せ重く、
よせ おもく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

後見人がしっかりしていて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「疑ひなきまうけの君。」と、
「うたがい なき もうけ の きみ。」と、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「(第一皇子は)間違いなく
 皇太子になられる方。」であると、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

世にもてかしづききこゆれど、
よ にも てかしづき きこゆれど、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世間でも大切に
お扱い申し上げていますが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この御にほひには
この おおん におい にわ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この皇子様(新皇子)の美しさには

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

並びたまふべくもあらざりければ、
ならび たもうべく も あらざり ければ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝の第一皇子は)
並ぶことはできなかったので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おほかたのやむごとなき御思ひにて、
おおかた の やんごと なき おおん おもい にて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝は第一皇子に対しては)
普通に大切にされる程度のお気持ちであって、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この君をば、
この きみ を ば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この皇子(新皇子)に対しては、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わたくしものに思ほし
わたくし もの に おもおし

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝が)私の大切な存在と、
お思いになって、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かしづきたまふこと限りなし。
かしづき たもう こと かぎり なし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この上なく
大切にお育てになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめよりおしなべての
はじめ より おしなべて の

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(この(新皇子)の母親である桐壺更衣は)
本来であれば(女房並に)ありきたりに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上宮仕(うへみやづか)へし給ふべき際にはあらざりき。
うえみやずかえ したもう べき さい にわ あらざりき。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇(桐壺帝)のお側で
お仕えしなければならないような
(低い)身分ではありませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おぼえいとやむごとなく、
おぼえ いと やんごと なく、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世間での評判もとても良く、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上衆(じゃうず)めかしけれど、
じょうず めかし けれど、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上流貴族の気品や風格を漂わせていたが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わりなくまつはさせ給ふあまりに、
わりなく まつわさせ たもう あまりに、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝が桐壺更衣を)
むやみに(自分の)お側に引き留められるので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さるべき御遊びの折々、
さるべき おおんあそび の おりおり、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相当な管弦楽のお遊びがある時(は、勿論)、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何事にもゆゑある事のふしぶしには、
なにごと にも ゆえ あること の ふしぶし にわ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(それ以外の)どんな行事であっても
趣きのある催しがある度に、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まづ参上らせ給ふ、
まず もうのぼらせ たもう、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真っ先に(桐壺更衣が)
参上させられてしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある時には大殿籠り過ぐして、
あるとき にわ おおとのごもり すぐして、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

時には、(桐壺帝が桐壺更衣と)
夜遅くまで一緒にいて寝過ごしてしまった場合でも、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やがて候はせ給ひなど、
やがて さぶらわせ たまい など、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(朝になっても昼になっても天皇は)
そのまま自分のお側に(桐壺更衣を)置いておかれるなど、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あながちに御前去らずもてなさせ給ひしほどに、
あながち に おまえさらず もてなさせ たまいし ほどに、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無理やりに(桐壺帝が桐壺更衣を)
お側から離れないようにお扱いされているうちに、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おのづから軽き方にも見えしを、
おのずから かるきかた に みえしお、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自然と身分の低い者(女房)のようにも
見えたのですが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この御子生まれ給ひて後は、
この みこ うまれたまいて のち わ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この皇子(新皇子)が
お生まれになった後は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いと心異に思ほしおきてたれば、
いと こころこと に おもおしおきて たれば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝は桐壺更衣のことを)
特別に大切にお考えになるようになり、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

坊にも、ようせずは、
ぼう にも、ようせず わ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皇太子の座には、、ひょっとしたら、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この御子の居給ふべきなめりと、
この みこ の いたもう べき なめり と、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この皇子(新皇子)が
お就きになられるのではないかと、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一の皇子の女御は思し疑へり。
いちのみこ の にょうご わ おぼし うたがえり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一皇子の母である
女御(弘徽殿女御)は(そのように)思って疑っていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人よりさきに参り給ひて、
ひと より さき に まいり たまいて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(弘徽殿女御は)
誰よりも先に御入内(宮中に入られる)されて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やむごとなき御思ひなべてならず、
やんごと なき おおんおもい なべて ならず、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝は弘徽殿女御を)
とても大切に思われる気持ちは
並大抵のことではなく、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皇女たちなどもおはしませば、
みこたち など も おわしませば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(弘徽殿女御は第一皇子の母というだけでなく)
皇女達など(の母で)もいらっしゃるので、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この御方の
この おおんかた の

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この方(弘徽殿女御)の

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

御諌めをのみぞなほわづらはしう、
おおんいさめ お のみぞ なおわずらわしゅう、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご忠告だけは、
やはり無視することなどできないと、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心苦しう思ひきこえさせ給ひける。
こころぐるしゅう おもい きこえさせ たまいける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺帝は弘徽殿女御を)
煩(わずらわ)しく思われているのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かしこき御蔭をば頼み聞こえながら、
かしこき おおんかげ おば たのみ きこえながら、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣は桐壺帝の)
恐れ多い御庇護(ごかご)を頼っていたのですが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おとしめ疵を求め給ふ人は多く、
おとしめ きず を もとめ たもう ひと わ おおく、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣を)蔑(さげす)んだり
落度を探したりする方は多く、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わが身はか弱くものはかなきありさまにて、
わがみ わ かよわく もの はかなき ありさま にて、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣)ご自身は病弱で
(いつ寿命になるとも知れぬほど)頼りないご様子で、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なかなかなるもの思ひをぞし給ふ。
なかなか なるもの おもい お ぞしたもう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣は桐壺帝から寵愛を受けてしまった事により)
不快な思いをされています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

御局は桐壺なり。
みつぼね わ きりつぼ なり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(桐壺更衣が)住んでいる御殿は桐壺といいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

源氏物語 第一帖 桐壺

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きれいな外壁に生まれ変わるなら【ペンキ王】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

源氏物語(紫式部先生)。桐壺☆作品まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆源氏物語 第一帖 桐壺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆タイトル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇桐壺(きりつぼ)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆収録本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇源氏物語(げんじものがたり)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆作者

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇紫式部(むらさきしきぶ)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆成立

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇平安時代中期。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ジャンル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇小説(長編物語)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆巻数

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇五十四帖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆豆知識

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇源氏物語は世界最古の長篇小説とされています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆口語訳とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇現代の言葉で読めるようにした文のこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆現代語訳とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇現代の人に意味がわかるように訳した文のこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

We host your creativity. 『 HETEML 』

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。

☆あなた様の
お幸せと健やかな日々をお祈り申し上げます。

@QB

〇開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来
https://qb2525.com/

〇キャッシュバック女子のキャッシュバック特集サイト
https://cashback.love/

〇引っ越し買取リサイクルコム
https://mezon.work/

ホームページ作成サービス「グーペ」

網戸の張り替えならイエコマ

きれいな外壁に生まれ変わるなら【ペンキ王】

バイセルで不要な洋服を売って収入をゲット!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆文学女子シリーズの次回の作品です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。中納言参りたまひて!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ビジネスマナー!話し方の常識講座!です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスマナー!話し方の常識講座!複合語と単語区切りと単語分けと文節分けの特徴と違いと見分け方について!敬語は言葉の正装!身だしなみ!国文法のルール14


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆子育てママの求人転職パートバイト在宅ワークサイトです☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シングルマザー女子自立支援ブーム到来中!悩み解決!相談無料!会費無料!登録無料!一般社団法人日本シングルマザー支援協会


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆キャッシュバック女子のキャッシュバック特集サイトです☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キャッシュバック女子ブーム!最大8.3万円!超高額キャッシュバック!NURO光は超高速×業界最安のネット回線!!7月31日までの期間限定!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆キューちゃんのイチオシ特集です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金券ショップで切手を売るのをやめた方がいい本当の理由 前編


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文学女子(清少納言先生・紫式部先生・伊勢先生・大倉燁子先生)

執筆者:

関連記事

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。雪のいと高う降りたるを!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。雪のいと高う降りたるを!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作 …

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。中納言参りたまひて!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。中納言参りたまひて!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作品を描いていき …

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。はしたなきもの!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。はしたなきもの!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作品を描い …

文学女子ブーム到来中!伊勢先生!伊勢物語。初冠!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ

文学女子ブーム到来中!伊勢先生!伊勢物語。初冠!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作品を描いていきます。 今回は伊 …

文学女子ブーム到来中!大倉燁子先生!魔性の女!本文!作品まとめ!作品解説

文学女子ブーム到来中!大倉燁子先生!魔性の女!本文!作品まとめ!作品解説   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作品を描いていきます。 今回は大倉燁子先生 …

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来https://qb2525.com/

☆キャッシュバック女子のキャッシュバック特集サイト
https://cashback.love/

☆引っ越し買取リサイクルコム
https://mezon.work/