コロナ生活を楽しみましょう。

コロナ生活

001コロナ生活

【コロナ生活】『コロナ地震』

更新日:

【コロナ生活】『コロナ地震』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆コロナ生活特集前回の記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コロナ生活】『コロナ取材旅行』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『コロナ地震』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月13日23時08分に
福島沖M7.2
最大震度6強の
地震が発生した。

Twitterなどの
SNSでは
大きな
騒ぎになったようだ。

私は人生の中で
経験した
いくつかの大震災に
思いを馳せていた。

3・11とも呼ばれる
東北地方太平洋沖地震は
2011年(平成23年)3月11日(金)に
発生した。

食料品や水だけでなく
乾電池も不足して
全国で買い占め騒ぎや
品不足が発生したと
私は記憶している。

東北地方太平洋沖地震の時は
東京電力管内で
大停電を回避するために、
計画停電が実施された。

スマホや携帯電話の
充電が切れたら
使えなくなるので
電源確保に悩んだ人も
多かったように思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は食料品や
飲料水の確保に苦労した
苦い思い出が残っている。

ミネラルウォーターが
店頭から一斉に消えたと
私は記憶している。

スーパーの店員さんと
話したら

「みんな東北の方に
 いってる」との事だった。

ネットスーパーでも
メジャーな水は
手に入らなくなり
見たことがない
マイナーブランドの水が
売られるようになっていた。

スーパーだけでなく、
アマゾンや地元の商店など
水を購入するのに
とても苦労した。

食料品や飲料水の在庫が
震災前の状態に戻るのには
半年くらいかかったと
私は記憶している。

コロナに地震と
色々と騒がしくなっているが、
必要な物は手に入る時に
手に入れておいた方が
良いと思う。

値上げされたら
高値で買う必要があるし、
在庫がなくなってからだと
手に入れる事も
できなくなるからだ。、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『地震対策に電源確保』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冷蔵庫、電子レンジ、パソコン、
洗濯機にスマホと
世の中には電化製品が
あふれている。

電化製品なしには
日常生活が成り立たない。
つまり、電化製品の分だけ
電力が必要だということだ。

私も昔は移動中に
携帯電話の充電が切れて、
苦労したことがある。

停電になってから、
モバイルバッテリーを
買おうにも

スマホもネットも
パソコンも
動かない使えないでは
意味がないだろう。

電化製品は電力がないと
ただの箱になってしまう。

転ばぬ先の杖という
ことわざにもあるように
平時から有事のことを
考えることが大事だ。

電力が停まった
時のことを考えて
対策を講じておくことは
大切な事だと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『地震への備えに蓄電池』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年の東日本大震災、
2018年の北海道胆振東部地震など、
大きな震災が増えている。

電気はまず一番最初に
復旧させなくてはならない
重要なライフラインだ。

蓄電池と太陽光発電で、
災害時にも電気を安心して
電気を使用できるように
備えとして導入している
人も増えている。

蓄電池は
太陽光発電システムを
組み合わせると

太陽光発電で
発電した電力を
蓄電池に溜めて
無駄なく使用することが
できるようになるため、

電気料金を
大きく削減することが
可能になる。

また、2019年以降は、
固定価格買取制度が
終了してしまう
ご家庭が急増するため、

期間終了後に何もしなければ、
そのまま大手電力会社に
電気を流すだけになるので、

選択肢として
蓄電池を購入するという
人も増えている。

防災意識の高い方や
節約に興味のある方、

太陽光の売電が
終わっているのに
そのままの方などは、
蓄電池の導入を
検討しても良いだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『蓄電池を設置するメリット』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蓄電池を設置して
太陽光発電システムと
組み合わせることで、
電力の自給自足に貢献できる。

停電時には、
太陽光発電と連動して
昼は太陽光で作った
電気を利用しながら、

余った分は蓄電池にためて、
夜などは蓄電池に溜めた電気を
自動で利用する事が
可能になる。

割安な深夜電力を充電し、
昼間の使用量ピーク時間帯に
貯めた電気を
利用することで

効率よく
電気料金を節約することもでき、
買電を限りなく
0円に近づけることも可能だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『今、蓄電池が必要とされる理由』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

太陽光発電の変革に伴い、
太陽光エネルギーは
「つくる、つかう」時代から
「つくる、ためる、つかう」時代へ
移り変わっています。

よりクリーンで
快適な暮らしを実現するための
太陽光エネルギーの
活用だけでなく、

安心や安全にも配慮した
自然エネルギーの活用を
ご提案します。

地球環境の変化に伴い、
地震や豪雨などの
自然災害に巻き込まれる危険が
身近なものとなった今、

提案する蓄電池や太陽光発電は、
大切な家族を守ることも
重要な役割だと考えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

01.☆『年々高くなる電気料金』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年度の電気料金は
東日本大震災前の
2010年に比べ、

家庭向けでは約25%、
産業向けでは約38%
上昇しました。

2014年度以降は
下落していたものの、
直近では再び上昇し、
東日本大震災前に比べ

家庭向けで約16%、
産業向けでは約21%
高い水準です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この先、電気料金が高くなると、さらにメリット大!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

02.☆『FITによる売電終了』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2019年11月以降、
FITで売電をしていた
家庭において、

固定価格での
買取保証期間が
終わる家庭がでてきます。

その数は2019年だけで
約53万件とも言われています。

期間終了後に何もしなければ、
そのまま大手電力会社に
電気を流すだけとなりますので、
選択肢として
蓄電池を購入するという人も。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

03.☆『増えている停電リスク』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年の東日本大震災、
2018年の北海道胆振東部地震など、
大きな震災が増えています。

電気はまず一番最初に
復旧させなくてはならない
重要なライフラインです。

蓄電池と太陽光発電で、
災害時にも電気を安心して
電気を使用できるように
備えとして導入している
人も増えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年に発生した大規模停電
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『スマートハウスとは』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スマートハウスならば、
毎月の電気代を
限りなく0円に
近づけることも可能です!

スマートハウスは、
太陽光発電やエネファームなどの
家庭用燃料電池による
発電装置で

エネルギーを自給し、
つくった電気を
蓄電池などで蓄えます。

そして「HEMS」と呼ばれる
システムによって、
住宅機器をコントロールし
エネルギーをマネジメントすることで、
住宅の省エネと
CO2排出の削減を目指します。

これからの時代は
大きな震災への備えが
重要になってきます。

停電などのトラブルの際も
スマートハウスなら
蓄電した電気を
使うことができます。

スマートハウスは、
自家発電と家の中での
蓄電ができるので、
災害やトラブルにも強い
住宅でもあります。

「太陽光発電パネルのプレゼント」や
「電気料金が1年間無料」だけでなく、

ご相談・お見積もり
現地調査が無料といった
お得なキャンペーンを
用意しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『蓄電池ご購入応援キャンペーン!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『家庭の蓄電池』のご利用の流れ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『家庭の蓄電池』の
ご利用の流れを
ご説明させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ステップ01.☆『お問い合わせ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Webからお見積り依頼にて
ご連絡ください。

お客様のご要望に、
弊社のスタッフが
親切丁寧にお答えいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ステップ02.☆『料金シミュレーション・お見積り』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご依頼内容や
現地調査をもとに、

ライフスタイルに
最適な製品や
導入効果についての
ご提案をいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ステップ03.☆『お申込み』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お客様の疑問や
不安が解消され、
ご納得いただいた時点で
ご契約させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ステップ04.☆『設置工事』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

施工技術や
仕上がりの美しさは
もちろん、

近隣へのご挨拶から
現場作業員のマナーに
いたるまで、
安全品質での
設置工事を行います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ステップ05.☆『完成』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お客様立ち会いのもと
確認と検査を行い、
問題がなければ
お客様へお引渡しとなります。

いよいよ運転を開始し
蓄電システムが
稼働します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓蓄電池と太陽光発電システムの専門店『家庭の蓄電池』はコチラから↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓     ↓     ↓     ↓     ↓
蓄電池の無料見積もりサイト【家庭の蓄電池】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆コロナ生活特集次回の記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コロナ生活】『コロナ入院生活』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆コロナ生活のオススメ記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コロナ生活】『コロナ婚活』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆緊急事態宣言生活のオススメ記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【緊急事態宣言生活詩集】『夏雨』『無人駅』『自転車 ―春の花束―』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆小説生活のオススメ記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『小説教室』作品の仕上げ方・描けない原因とは?落選する原因


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-001コロナ生活

Copyright© コロナ生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.