シングルマザー女子!美容女子!文学女子!就活女子!転職女子応援サイト!

シングルマザーの方や主婦の方や子育て中のママさんや文学が好きな女性の美容・就活・転職情報や生活のお役立ち情報を特集するサイトです

文学作品(清少納言・紫式部・伊勢・大倉燁子・世阿弥・源隆国・芥川龍之介・太宰治)

文学女子ブーム到来中!大倉燁子先生!魔性の女!本文!作品まとめ!作品解説

投稿日:2018年7月29日 更新日:

文学女子ブーム到来中!大倉燁子先生!魔性の女!本文!作品まとめ!作品解説


 
このブログをご覧頂きありがとうございます!
文学に生きた女流文学者達の作品を描いていきます。
今回は大倉燁子先生の魔性の女です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆文学女子シリーズの前回の作品です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文学女子ブーム到来中!伊勢先生!伊勢物語。東下り!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆大倉燁子先生!魔性の女

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大倉燁子先生 魔性の女 一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社を退出した時には
桃子にも連れがあったので、
本庄とは別々の電車に乗ったが、

S駅を降りると、
彼はもう先に着いて待っていた。

二人は腕を組んで
夕闇の迫った街を
二三町も歩くと、

焼け残った屋敷
街の大きな一つの門の前に
立ち止った。

桃子は眼を丸るくして、
門冠りの松の枝を見上げ、

「あんた、このおやしき?」

「うん。素晴らしいだろう? 

 会社への往(い)きかえりに
 毎日前を通っていてね、

 いい家だなあと
 想っていたんだ。

 今朝、出がけに寄って、
 部屋を見せてもらった。

 離室(はなれ)の茶席、
 とても素的だぜ。

 没落した華族さんの
 内職にやっている
 御旅館兼お休息所さ。

 ここなら会社の人なんかに
 絶対知れっこないからね」

「だって、私――」

桃子は尻り込みして、

「あなたのお宅と
 いくらも
 離れていないんでしょう? 

 そんなお膝もとで――、
 会社の人よりも

 奥様に感付(かんづ)かれたら
 どうするのよ」

「燈台もと暗しさ。
 遠征すると
 反(かえ)ってばれる。

 これなら、奥様だって、
 仏様だって
 御存じあるまいさ」

構えが堂々としているので
桃子は気おくれして、
入りそびれていると、

客の気配を聞きつけて、
奥から出て来た

素人臭(しろうとくさ)い
女中に案内され、

多摩川砂利を踏んで、
右手の朱雀門から
庭の茶席へ通された。

数寄(すき)を
凝(こ)らした部屋を
物珍(ものめずら)しそうに
眺めていると、

庭下駄の音を
わざと大きくたてながら、

先刻の女中が
お銚子とビールに

ちょっとしたつまみものを
運んで来た。

「御用がございましたら、
 ここのベルをお押し下さいませ」

本庄の座っている壁際に、
ベルが取りつけてあった。

女中が出て行くと
桃子はお銚子を取り上げて、

本庄の盃についでから、
自分はビールを呑んだ。

「まさか、奥様、あなたと私とのこと、
 御存じないんでしょう?」

「多分ねえ。
 君が僕の病気見舞いに来た時、

 あとでいやに褒めてたから――、
 どうだかなあ」

「知れたら困る?」

と眼で笑った。

「困るなあ。だが仕方がない。
 君とはどうしたって
 別れられないもの」

「だって、奥様は
 絶対にやかない人でしょう?」

「うむ。だが――、
 嫉妬(やか)れる方がいいな。

 黙ってただじいと
 眺めていられるのは辛い」

何を思い出したのか、
本庄はちょっとべそを

掻(か)くような
表情をした。

酔いが出て、
色の白い上品な顔に

ほんのりと赤味がさして、
酒にうるんだ眼が
美しく見えた。

桃子はコップを
唇に持って行きながら、

惚れ惚れと
彼の顔に見入っていたが、

「私はあなたが好きなんだから、
 奥様が怒っても、

 あなたに捨てられない限り
 絶対に別れないわよ」

「僕の奥さんだって、
 君と僕との関係までは
 嗅(か)ぎつけちゃいないさ。

 だが、彼奴(あいつ)は
 黙っていて常に僕の一挙一動を
 監視しているんだ。

 そして、僕の事なら
 一から十まで
 知りつくそうとしている。

 知らなきゃ満足出来ないんだ。
 いい事でも、悪いことでも。
 つまり、変態なんだろう」

「きっと、奥様、あなたを
 よっぽど愛しているんだわねえ。

 私なんか敵(かな)わないかも
 知れない。

 そういう愛情の前には、
 私、頭が下がるわ」

「僕はいやだよ。
 つくづくいやだ。
 まあ考えてもみたまえ。

 何んでも、かんでも知っていて、
 知らん顔していようって
 いうんだからね。いやだよ」

煙草を灰皿に押しつぶした。

「ほんとに愛していれば、
 相手の全部を
 知りつくそうとするのは、
 当然だわ。

 でも、私には離れている間の
 あなたが何をしているか
 分らないわよ。

 勿論分りたいけれど――」

「訊(き)けばいいじゃないか」

「訊いたって、
 かくされればそれまででしょう? 

 あなたにしたって、
 私に云いたくない事も
 あるでしょうからね。

 それが嫉妬心を
 そそるもとになるということも
 知ってるけれど、

 あなたの奥様のように、
 何もかも見透せたら、

 決して、嫉妬は
 起さないだろうと思うわ」

「そうかなあ」

「たとえばさ。
 あなたとこうしていても

 私にはあなたの愛情が
 どれほど深いものかってことは
 分らない。

 あなたの言葉や態度で
 想像するだけの
 ものでしょう。

 ところが奥様は
 あなたの心の奥の奥まで
 見透せるんだから、

 自分が優越な立ち場にある間は
 心配はないでしょう。

 あなたに女が出来たって、
 平気でいられるかも知れない。

 つまり、自分の方が
 勝っているからよ。

 愛されているという
 確信があるから――」

「愛情をわけられるのは
 不愉快だろう、

 全部自分のものにしたいと
 思わないか知(し)ら?」

「私はあなたの肉体も精神も
 独占している
 積(つも)りでいるんだけれど、

 ほんとはどうなのか知(し)ら? 

 奥様が嫉妬しない
 処(ところ)を見ると、
 怪しいもんだわ」

「うちの奥さんはね。
 僕をくさりでつないでおいて、
 適当に遊ばしてくれるんだよ。

 飼犬(かいいぬ)の
 つもりでいやがる。
 いやな奴さ」

と吐き出すように云う。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「だって、御新婚当時は随分、
 奥様が役に立ったって
 云うじゃないの?」

「それや役に立ったさ。
 彼奴(あいつ)の持っている
 第七感の神秘なんだよ。

 そのおかげで危険も救われたし、
 上役のお覚えも目出度(めでた)く
 どんどん出世もするしさ。

 重宝(ちょうほう)だったが、
 今じゃ、そのかんが
 うるさくなった。

 何んでも知ってやがるのは、
 つまりその第七感が
 発達しすぎるからだ。

 そして近頃はますます
 鋭(する)どくなりやがった。

 このまま進んだら
 僕は苦しくって
 一緒にはいられない。

 気狂いになってしまうぜ」

「あなたを
 気狂いにさせるほどの情熱、
 私は羨しいわ。

 あなたの奥様が――」

「何云ってるんだ。
 君がいなかったら
 僕は生きちゃいられない。

 奥さんぎりだったら
 僕はとうに自殺してしまってらあ」

「私には第七感どころか
 第六感も働かない、

 平々凡々で
 何にもわからないから、

 そこがあなたには
 肩が凝らないし、
 気楽でいいんでしょう?」

「君とこうしている時だけが、
 僕には天国なんだよ」

本庄はついと起(た)ち上って、
ちょっと次の間を覗いた。

水色の覆いのかかった
涼しそうなスタンドが

枕許(まくらもと)に
点(つ)いていて、

白麻(はくま)の
蚊帳(かや)越しに

紅入友(べにいりゆうぜん)の
蒲団(ふとん)が
なまめいて見えた。

彼は襖(ふすま)をしめきると、
桃子のそばへにじりよって
肩へ手をかけて、引きよせ、

「ねえ、僕の全部は君のものなんだよ」

桃子のコップを持った手が
ぶるぶると震えた。

「駄目よ。ビールがこぼれるわ」

と、飲みかけのコップを
彼の唇へ持って行った。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大倉燁子先生 魔性の女 二
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家を出る時、
今日は宴会で

少し遅くなるかも知れないと
云っておいたので、

十二時近くに帰ったが、
妻の安子は
別に怪しむ様子もないのに

内心ほっとして、
言わずもがなのことまで
軽口にしゃべりつづけた。

「会費の関係もあるだろうが、
 酒がまずくってねえ。

 やっぱりうまいのは
 家の晩酌に限るなあ」

安子はちらりと流し眼で
彼の顔を見た。

五つも年長の彼女は
いつも厚化粧に
派手なみなりをして、

彼との釣り合いを
気にしているようだった。

「そんなお世辞を云って、
 お酒のあとねだりしたって、
 もう駄目よ。

 随分召上ってるんですもの。
 毒ですわ」

と云いながらも
彼のためにとっておいた
配給のビールをぬくのだった。

安子は柱時計を見て、

「あら、もう一時よ。
 明日日曜だから
 ゆっくり寝ていらして頂戴な。

 その間に、私、研究所へ
 心霊の修業に行って来ますわ。

 あなたのお目覚めになるまでに
 帰りますから――」

本庄は苦い顔をして、

「いい加減にしろよ。
 修業、修業って、
 どうするつもりなんだ。

 これ以上かんが
 発達されちゃやりきれない」

「だって、私には
 立派な霊能があるんですもの。
 修業して、磨かなくっちゃ損です。

 そして、あなたが
 もしか失業でもなすったら、

 私霊媒になって、
 うんとお金儲けて、

 あなたを左団扇で
 遊ばしておいて上げるわ」

「馬鹿ッ。
 縁起でもない。

 三十二の僕が
 今から失業してたまるかい。
 これからじゃないか」

「はい、はい。すみません。

 お疲れのところを
 余計なこと云って、
 お気にさわったらごめんなさい。

 では私はお先へ寝みますから、
 御宴会のつづきでも考えて、
 思い出しながらお飲みになって下さい」

安子は襖をぴしゃりと閉めて出て行った。

宴会のつづきでも考えて――、
と云われた言葉が頭に残って気になった。

「お疲れのところ、と、云いやがった」

本庄は低声で
つぶやきながら、

襖(ふすま)越しに
彼女の方を睨んだ。

二本しかないビールを
奇麗に飲んでしまって、

床に就いたのは
何時だかわからなかったが、

眼が覚めた時には
安子はいなかった。

出かけてから
大分時間がたっていたとみえて、

朝飯の仕度は
茶の間の卓上に出来て
白いレースの覆いが被ぶせてあったが、

今朝焚いた御飯も
すっかりさめて、
味噌汁は水のようだった。

朝飯を終って、お茶を飲みながら、
何気なしに、妻の机の上を見ると、
いつもきちんと片づけてあるのに、

今日に限って、
家計簿も出しっぱなしになっている、

日記帳の上には
万年筆もころがっている。

「ほう。女房の奴、
 日記なんかつけてやあがるのか、
 生意気な――」

本庄は安子がどんな事を書いているか、
こっそり見てやろうと思った。

「女房の日記なんてものは、
 およそくだらない。

 家計不如意(ふにょい)の愚痴か、
 亭主の不平と定ってらあ」

冷笑しながら
ぱらぱらと二三枚はぐり、

最後のページに
眼を落すとはっとした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九月十日 土曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近頃奥田子爵の家では
もぐりで旅館を開業したそうだ。

今日の逢引きには
持ってこいの家だから
彼女もさぞ満足するだろうと思い、

出がけに
ちょっとあたってみたら、
割に低廉(ていれん)だ。

部屋も気に入ったし、
妻には宴会と
偽(いつ)わって出たので、

帰りの時間の心配もない、
万事好都合だ。

会社の帰途、彼女と同行する。

彼女は妻の凝視を
恐れているので、

僕は極力妻を罵倒して
彼女を慰めてやる。

二人は永遠に別れないという誓いをして、
彼女を駅まで送って家へ帰る、
十二時十五分前である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本庄は頭を掻きむしった。

女房の奴、
何もかもまた知ってやがる。

妻の日記ではない、
これは妻が書いた
本庄自身の日記ではないか。

馬鹿にしてやがる。

しかし、昨夜のことを
もう知っているとは全く驚く。

そして
素知らぬ顔をしているのだから、
悪どい奴だ。

「魔物、魔性の女!」

彼は日記を叩きつけた。
が、気になるのでまた拾い上げて、
最初の方に眼を通した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
八月六日 土曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年上の女の恐ろしい情熱には
さすがの僕も辟易(へきえき)する。

もともと人妻だった彼女が、
良人(おっと)を捨て、地位を捨てて
僕の懐ろに飛び込んだのだ。

それを今になって、
僕が誘惑したかのように
云われるのは
甚(はなは)だ迷惑千万である。

彼女の熾(や)きつくような
恋情(れんじょう)に
僕が負かされて、

遂(つ)いに結婚するような
はめになったのだが、

安子の第六感、
いや第七感だそうだが、

最初のうちは
全く重宝(ちょうほう)だった。

たとえば、近日会社で
人員淘汰がありますから、
注意なさい、と云えば

四五日内に必ず
首をきられる奴が出てくる。

彼女はまた今日は
出勤時間を少し遅らせないと、

電車の事故があって
危ぶないですよと云う。

馬鹿なことを、と、思っても
少し遅れて出かけると、

前の電車が脱線して
怪我人があったと騒いでいるなど、

全くわれわれの六感と異った
第七感の神秘を持っている。

誰が云うのか、
彼女には豊かな霊能があるから、

それを磨けば
何でも見透せるような
豪(えら)い者になる。

とおだてられ、
せっせと心霊研究とやらを始めた。

その実、内心では
彼女を離れている間の
僕の行動を見たいという野心から、
研究を始めたものらしい。

彼女の本心を
忌憚(きたん)なく云えば、

本庄俊なる僕を全部独占し、
僕の行いを一から十まで
知りつくそうとするにある。

近頃ではただ知るだけでは満足出来ない。

僕の肉体は
髪の毛から足の爪まで、

いや、出来ることなら
皮膚を破(か)ぶって内臓を引き出し、

僕の心臓まで
しらべてやろうという
欲望に燃えているらしいのだ。

しかし、僕を殺してしまってはならない。

死なせることは
彼女自身をも
殺す結果になるのだから、

そこで、
どうしても
心霊の必要を感じる。

霊の力によって、
僕の本心を探ろうとするのだ。

そして、
常に凝視の眼を
怠(おこた)らぬことである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本庄はぱたりと
日記帳をふせて起ち上った。

「勝手にしやがれ。
 心霊がなんだ。
 霊の力がなんだ。たわけ者!」

ぺっと庭に唾を吐いた。

「只今」

いつ帰って来たのか、
安子が後ろに立っていた。

「日記お読みになって
 怒ってらっしゃるの?」

と、にっこりした。

本庄はむうっとして横を向いた。

「気まりが悪るいんでしょう? 
 何もかも知られちゃって? 

 オホホホホでも、
 あなたが外で何をなさろうと、
 私はちっとも怒りゃしないのよ。

 あなたの傍には、
 あなたの眼には見えないけれど、

 いつでも私の霊が
 附き添って見ているんですから、
 私、何(な)んでも知ってるわ。

 そして、
 どんな女が出来ても、
 結局は私が一番好きで

 私の腕の中へ
 帰っていらっしゃるってことが
 わかっているから
 嫉妬も起らないのよ。

 オホホホホ可愛いいから、
 あなたの道楽を
 大目に見て上げてるんだわ」

「余計なお世話だ。
 僕の体は僕のものだ。

 君の許しを得なくたって、
 勝手に自由にする、

 一々ああだ、こうだと
 邪推されちゃやりきれない、

 第一不愉快だ、
 君は自分のでたらめな
 想像を信じているが、

 実際に僕が外で
 どんなことをやっているか

 常識で考えたって、
 分るはずはないじゃないか、

 いいかげんな創作日記を書くなんて
 人を侮辱するにもほどがある。

 実に怪しからんよ。

 第一その量見が
 僕には気に喰わないんだ。

 一人の男を
 全部自由にしようなんて
 自惚れも大概にするがいい。

 とにかく、
 そこに書いてある日記は

 全部嘘と出鱈目で、
 でっち上げた僕の悪評なんだ、

 僕をそんな人間だと思って
 軽蔑している奴と
 この上一緒に暮らすのは真平だ」

「また別れようって云うんですの?」

「当り前じゃないか。
 僕は人間は好きだが、
 君のような化け者は嫌いだ」

「ひどいことを仰(おっ)しゃる。
 あなたと別れるようなことになったら、
 私は死にますよ。

 死んだら、私の霊魂は
 直ぐあなたの肉体に入り、

 あなたの霊と合致して、
 永遠に離れませんからね」

本庄は身ぶるいした。

「そんなに私が
 嫌いになったんですか?

 もう直きに取り次ぎ電話が
 酒屋さんからかかってきますから、
 辛棒していらっしゃいよ。

 そして気晴らしに
 桃子さんに会って、
 機嫌よく帰っていらっしゃいね」

「何云ってやがるんだ。
 桃子なんて女、僕は知らない」

「お忘れになった? 
 御病気の時お見舞いに来てくれた
 タイピストさんよ」

本庄はそっぽを向いていると、
果して酒屋から
電話を取り次いできた。

彼はそこにあった
庭下駄を突かけて、

そわそわと出て行ったが、
電話口の声は桃子であった。

「奴、何もかも知ってやがって」

と忌々(ゆゆ)しそうに云ったが、

「とにかく、行くよ。
 昨夜のあすこ、ね?」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大倉燁子先生 魔性の女 三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本庄は一分の隙のない
昨夜のスマートな
服装に引きかえて、

今日はふだん着のままで
羽織も着ず庭下駄を穿いて、
奥田子爵の御休息所へ行った。

近くから電話をかけたとみえて、
茶席には桃子が先に来て待っていた。

彼女の青褪めた顔を見ると、
本庄は胸がドキリとした。

「家の方に知れたんじゃない?」

真先に胸に浮んだことを云った。

「いいえ、違うの。家の者じゃない、
 あなたの奥様に知れちゃったじゃないの。
 私、どうしよう」

彼女はおろおろ声で云った。

「それがどうして、君にわかったの?」

「奥様から今朝お迎えが来たのよ。
 そしてお目にかかりました」

「どこで?」

「心霊研究所とやらの応接室で、
 私、とても気味がわるかったわ。

 眼をすえて
 廊下を歩いている女の人や、

 私の顔を射るような
 凄い眼で見ている人達が、
 うようよいて、

 私、体がかたくなってしまったのよ。

 奥様もお宅でお会いした時は
 優しいお顔をしていらしたけれど、

 今朝は深刻な表情で、
 私の心を突き刺すような
 お眼をなすってね。

 本庄を迷わすようなことをなさると
 私はゆるしても
 私の守護の霊がゆるしません。

 あなたの身に
 禍いがふりかかるから

 再び昨夜のような
 過失をしてはなりませんよ。

 早く手をきって、
 あなたは人の夫などを盗まず、

 正統な結婚をおしなさい。
 と、仰(おっ)しゃるの」

「余計なおせっかいだ。
 そんな言葉で、
 二人の仲を割さかれてたまるもんか」

「でもねえ、私、考えちゃったの」

「どう考えたの?」

彼は慌てて訊いた。

「恐いんですもの。
 昨夜のことを
 もう知っていらっしゃるようじゃ、

 この先、あの方には
 どんなことでも
 知れてしまうでしょう? 

 私、興がさめちゃった、と、
 云ってはすまないけれど、
 
 監視つきで、
 お互いのおつきあいをする気には
 なれなくなっちゃったんですもの」

それには本庄も同感だった。

「別れるよ、僕は断然安子と別れる」

と本庄はきっぱり云った。

いま、こういう話をしていることも、
安子は家にいて、
ちゃんと知っているかも知れない。

あるいは
彼女の言葉を
かりて云うならば、

彼女の霊魂が
彼女の肉体から遊離して、
自由に飛び歩き、

肉眼では見えないけれど、
この部屋のどこかで

覗き見しているのかも
知れないのだ。

そんな馬鹿なことがあるはずはない。

と打ち消すあとから、
本庄は心が身に添わぬような不安に
襲われるのだった。

「私、奥様のあの恐い眼が、
 この障子の穴からでも
 覗いてやしないかと思うと、
 落ちついていられないのよ」

「あり得ないことだよ。
 君が、そんな非科学的な事を
 信じるとは思わなかった。

 みんな心の迷いだよ。
 安子のかんは鋭いが、出鱈目だ、

 それがたまたま当ったので、
 不審に思うのだが、

 僕だって、
 想像を逞(たくま)しゅうすれば、
 ある程度までは当るからね」

「そんな気休めだけでは
 私安心出来ないの。

 奥様は迚(とて)も
 あなたを愛していらしゃるのね。

 情炎に燃えた、
 火のようなあのお眼を見ても、

 あなたの心を
 やきつくさないでは
 おかないのだと
 思えてよ。

 恐ろしい執念だわ」

「だから、別れる」

「ほんと?」

「ほんとも嘘もない。
 別れるより生きる道はないもの。

 絶えざる凝視に
 僕は苦しくなった。

 まあ、考えてもみたまえ。

 いつでも、いつでも、
 どこからか凝じっと見ていられる、
 すべてを知られてしまう、

 それが妻だとあっては
 僕は休息することが出来ない。
 僕は疲れてしまったよ」

彼は両手で頭を抱えて、
泣くような声でつづけた。

「誰だってある時間は
 自分ひとりの世界が欲しい、
 またそれが必要なんだ。

 自分だけしか知らない
 天地が要るんだよ。

 それがなくては
 生きては行かれない。

 それが心なんだ。

 心に思うことは口に出さない限り、
 何人にもわからないだろう? 

 僕はその心を大切にしていたのに、
 その心の中にまで忍び入って、

 僕一人で思っていることを
 盗み知ろうとする者があっては
 堪(たま)ったものではない。

 四六時中休息なしに
 公衆の眼の前で
 踊らされている者より辛い。

 僕は気狂いになりそうだよ。
 妻に別れることは
 一つしかない僕への救いの道だ」

「お別れになったら、
 それでもういいのかしら?」

「その上に何がある。

 僕は家屋敷も、
 財産も全部彼女に与えて、
 僕は裸一貰になって安子から離れるんだ。

 僕がいなくなっても、
 あれだけの屋敷と財産があれば
 一生食うには困るまい。

 食えないようにして捨てたと
 云われては困るから、
 何もかも洗いざらいくれてやる。

 そしたら文句はあるまい」

「でも奥様は、
 あなたの全財産なんかより、

 あなたという人が
 欲しいんじゃないか知ら?」

「なら、どうすればいいって云うんだ?」

彼は焦(い)ら焦(い)らして
怒ったような口調で云った。

「どうすればって、
 私には分らないけれど、
 きっと離婚を承知されまいと思うのよ」

「どこまでも従(つ)いて
 来ようって云うんなら――、

 そして、いつまでも、
 この僕を金しばりにして
 苦しめようって云うんなら――」

と彼は血の気が
さっと顔から退いて、
鼻の頭に油汗がにじみ出た。

「どうしても離れないって云ったら、
 永久に僕から離れて、
 二度と附き纏えないようにしてやる」

「と、仰しゃると? どうなさるの?」

不穏の空気に、
桃子はおびえながら
青くなって訊(き)いた。

「うむ。その時は――、
 その時は殺しちまうばかりさ。

 殺せば完全に僕から離れる。
 いや、それは冗談だよ。アハハハハ」

桃子は彼の膝に顔を伏せた。

彼女の頭の上で、
本庄の空虚な笑い声がつづいた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大倉燁子先生 魔性の女 四
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安子は本庄の帰って来る
時間を知っているように、

玄関のベルを鳴らそうとすると、
内から扉を開けて
にこやかに彼を迎えた。

茶の間に入ると、
お銚子がいいお加減についていた。

彼女は盃を彼の手に渡しながら、

「今日は無事でしたね」

と云った。

「何が?」

「何がって、
 オホホホホ桃子さんとのことが」

本庄はむっつりと口を結んだ。

「ねえ。私と別れて、
 あのひとと結婚する御相談が
 纏(まと)ったの? 

 随分酷い計画をなさる人達ね。

 でも、私、あなたが
 何と仰(おっ)しゃっても、
 別れるのはいや」

と云って、彼にすり寄り、
手を握って彼の持っている盃に
唇をつけて一口飲んだ。

「ねえ、あなたも飲んでよ」

「いやだ」

彼は音を立てて荒々しく盃を置いた。

「いやなはずね、
 もういい加減
 まわっているんですもの。

 桃子さんのお酌で
 なくっちゃおいしくない?」

「何を云う?」

「ただ訊いてるのよ。
 私の愛情がうるさいんだって? 
 罰あたりねえ、

 あなたって人は――、

 誰のおかげで、若いあなたが、
 特別にこんなに出世して、
 いい地位を得たのか、忘れたの?」

彼の膝に手を置いて、
執拗な凝視をつづけながら、

「みんな、私の、いいえ、
 霊のおかげじゃありませんか。

 それがなかったら、
 重役候補はおろか、
 下っ葉の走り使いがせいぜいよ。

 その大切な私を裏切って、
 桃子さんなんかと
 一緒になりたいばかりに、

 別れるの、殺してやるのって、
 大きな口もいい加減になさらないと、
 世間の物笑いになりますわよ」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本庄は膝の手を払い退け、
肩を聳かせながら、

「その恩があると思えばこそ、
 今日まで出来ない我慢を
 しつづけてきたんだ。

 が、もう辛棒が出来なくなった、
 君のうるさい深情けは
 僕を気狂いにさせる。

 痒(かゆ)いところに
 手の届くような

 献身的なつとめぶりは
 全く有難迷惑で
 胸がむかむかする。

 君と一緒にいると
 僕は頭が変になって、
 どうかなっちゃいそうな気がする。

 君の毒針で刺すような
 凝視にはもう堪えられない。

 僕は君から完全に解放されて、
 自由の天地に
 大きな呼吸を吐きたいんだ。

 眼に見えない
 君の云う霊とかに縛られて、

 自由を失っているような
 いまの生活がつくづくいやになった。

 別れよう。

 それよりほかに
 僕の生きる道はないんだ」

「あなたと別れては、
 私は生きていかれないわ」

「生きてゆかれるだけの物を君にやる」

「全財産でしょう? 
 オホホホホそんなもの、

 私はあなたが欲しいのよ。
 あなたの体も、
 心も、全部を私に頂きたい」

本庄は手にしていた盃を
ぱっと彼女の顔に投げた。

「いい加減にしろ」

「私の希望をのべているのよ」

彼はカチカチと歯を鳴らしながら、

「悪女の深情けとは君のことだ。
 僕は普通の女が好きになった。

 掴(つか)まえどころのない霊だとか、
 心霊だとかにたぶらかされて、

 人の秘密を
 探ろう探ろうとしたりする
 女は大きらいだ」

彼女はねっとりした、
まつわりつくような調子になって、

「そんなに
 嫌がられているのに、

 私の方じゃ
 好きで好きで堪らないとは
 何という情けない事でしょう。

 でも、逃げられるものなら
 逃げてごらんなさい。

 私の霊は私の肉体を離れて、
 あなたの後を追い、

 どこまでだって
 ついて行きますからね」

「ついて来るなら、来てみろ」

「行きますとも、
 ほら、あなたの心の中に、
 私の霊が入って行く――」

安子はうつろな眼をして、
彼の胸を指さした。

「えっ?」

彼はぱっと起ち上ると
何者かを払いのけるように、

心臓のあたりを
ばたばたと叩いた。

叩いているうちに、
彼は次第に理性を失って行った。

ただ、やたらに、
眼の前にいる安子が憎くて
たまらなくなった。

「こいつさえいなければ――」

という念だけが
頭の中で渦を巻いていた。

彼は彼女が
火鉢に突きさしておいた
裁縫用の鏝(こて)を

手にとるや、
力まかせに
彼女の頭をなぐりつけた。

「あっ。あなたは――、
 ほんとに、私を殺す気だったのね?」

仰向けに倒れながら、
なおも鏝(こて)を振り上げて、

打ち下そうとする本庄を、
いとしそうに見上げて、

「あなたに殺されることは、
 もうちゃんと
 前からわかっていたのよ。

 だけれど、ああ嬉しい。

 あれあれ私の霊は
 あなたの魂の中に
 溶け込んでゆくのが見えますよ。

 あなたの魂と
 私の魂は完全に、
 あなたの肉体の中で合致しました。

 永遠に離れない。

 私は死んでも
 私の魂はあなたの心の中に
 生きています」

「何を云いやがるんだ」

二度目に
打ち下した鏝(こて)の下で、

彼女はもう声を出すことも
出来なかった。

彼はやたらに
鏝(こて)を
振り廻わしながら、

部屋中をくるくると
廻(ま)わった。

「この心臓の中に、
 彼女の魂が入っている、
 ええッ。出ろ、出てゆけ!」

彼は喚(わ)めきながら、
自分の胸をなぐりつづけた。

「出ないか! 出ろ、
 とっとと出てうせろ!」

彼は身をもがき、
何かを振り落そうとでもするように
体をゆすって、

胸を叩きながら、
家を飛び出し、

あてどなく
往来(おうらい)を走った。

配給物を届けに来た
隣家の奥さんが、
安子の惨死体に胆をつぶして、

附近の交番へ訴え出た
恰度(ちょうど)その時刻に、
本庄は狂人として
通行の警官に捕えられた。

(1949年(昭和24年)9月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大倉燁子先生 魔性の女

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大倉燁子先生!魔性の女☆作品まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆魔性の女

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆タイトル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇魔性の女(ましょうのおんな)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆収録本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇魔性の女(福書房 昭和31年2月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆初出

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇「マスコット 一巻七号」1949(昭和24)年9月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆作者

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇大倉燁子(おおくら てるこ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆成立

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇昭和時代

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆ジャンル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇小説(短編小説)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆豆知識

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇大倉燁子は、女流探偵小説家として
 日本で初めての単行本を出版しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆口語訳とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇現代の言葉で読めるようにした文のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆現代語訳とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇現代の人に意味がわかるように訳した文のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

網戸の張り替えならイエコマ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大倉燁子先生 魔性の女!作品解説!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇大倉燁子先生の魔性の女を
 更に詳しく解説していきます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本名

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇物集芳子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出身

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇東京都文京区

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家族

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇父 国学者の物集高見。
〇兄 国文学者の物集高量。
〇妹 小説家の物集和子。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

別名義

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇岩田由美
〇岩田百合子
〇丘ミドリ
〇物集芳子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

影響をうけた作家

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇二葉亭四迷
〇夏目漱石
〇アーサー・コナン・ドイル

〇中村吉蔵(春雨)
〇森下雨村
〇大下宇陀児

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

We host your creativity. 『 HETEML 』

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。

☆あなた様の
お幸せと健やかな日々をお祈り申し上げます。

@QB

〇開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来
https://qb2525.com/

〇キャッシュバック女子のキャッシュバック特集サイト
https://cashback.love/

〇引っ越し買取リサイクルコム
https://mezon.work/

ホームページ作成サービス「グーペ」

網戸の張り替えならイエコマ

きれいな外壁に生まれ変わるなら【ペンキ王】

バイセルで不要な洋服を売って収入をゲット!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆イケメン文学男子シリーズ世阿弥先生!風姿花伝。因果の花です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イケメン文学男子ブーム到来中!世阿弥先生!風姿花伝。因果の花!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ビジネスマナー!話し方の常識講座!です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスマナー!話し方の常識講座!複合語と単語区切りと単語分けと文節分けの特徴と違いと見分け方について!敬語は言葉の正装!身だしなみ!国文法のルール14


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆子育てママの求人転職パートバイト在宅ワークサイトです☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シングルマザー女子自立支援ブーム到来中!悩み解決!相談無料!会費無料!登録無料!一般社団法人日本シングルマザー支援協会


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆キャッシュバック女子のキャッシュバック特集サイトです☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キャッシュバック女子ブーム!最大8.3万円!超高額キャッシュバック!NURO光は超高速×業界最安のネット回線!!7月31日までの期間限定!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆キューちゃんのイチオシ特集です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金券ショップで切手を売るのをやめた方がいい本当の理由 前編


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-文学作品(清少納言・紫式部・伊勢・大倉燁子・世阿弥・源隆国・芥川龍之介・太宰治)

執筆者:

関連記事

イケメン文学男子ブーム到来中!源顕房先生!大鏡。競べ弓!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説

イケメン文学男子ブーム到来中!源顕房先生!大鏡。競べ弓!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ このブログをご覧頂き …

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。春はあけぼの!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。春はあけぼの!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作品を描いていきます。 …

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。中納言参りたまひて!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ

文学女子ブーム到来中!清少納言先生!枕草子。中納言参りたまひて!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ   このブログをご覧頂きありがとうございます! 文学に生きた女流文学者達の作品を描いていき …

イケメン文学男子ブーム到来中!中原中也先生詩集5!雪の宵!蜻蛉に寄す!更くる夜!あばずれ女の亭主が歌った!独身者

イケメン文学男子ブーム到来中!中原中也先生詩集5!雪の宵!蜻蛉に寄す!更くる夜!あばずれ女の亭主が歌った!独身者 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ このブロ …

イケメン文学男子ブーム到来中!芥川龍之介先生!たね子の憂鬱!本文!作品まとめ!作品解説

イケメン文学男子ブーム到来中!芥川龍之介先生!たね子の憂鬱!本文!作品まとめ!作品解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ このブログをご覧頂きありがとうござ …

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来https://qb2525.com/

☆キャッシュバック女子のキャッシュバック特集サイト
https://cashback.love/

☆引っ越し買取リサイクルコム
https://mezon.work/